プレスリリース

Press Release
2022年5月10日
HAPSモバイル株式会社
Lendlease Corporation

HAPSモバイルとLendlease、
オーストラリアでの成層圏通信プラットフォーム事業の
展開を検討する合弁会社を設立

ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)の子会社であるHAPSモバイル株式会社(以下「HAPSモバイル」)と、オーストラリア連邦に本社を置くLendlease Corporation(以下「レンドリース」)は、オーストラリアでの成層圏通信プラットフォーム(High Altitude Platform Station、以下「HAPS」)事業の展開について検討するための合弁会社「HAPSMobile Australia Pty Ltd」を、2022年4月29日にシドニーで設立しました。

オーストラリアは広大な国土を有していますが、その多くは人口が少なく、人が住んでいない地域も存在します。そのため、過疎地や農村部での携帯電話の基地局の設置やネットワークの構築は多大な費用がかかり、全土をカバーすることが困難です。一方、成層圏から柔軟にモバイルネットワークエリアを構築・運用できるHAPSを活用することで、地上の基地局でカバーできないエリアにもLTEや5G(第5世代移動通信システム)の高速通信ネットワークを提供することができます。

レンドリースはアジア地域において、HAPSモバイルの親会社であるソフトバンクに、通信・データインフラ分野で20年以上にわたってサービスを提供してきました。今回の合弁会社は、オーストラリアでのHAPS事業の可能性について検討するもので、ソフトバンクとレンドリースのこれまでの強固な関係を基に実現しました。レンドリースは、オーストラリア市場における実績と深い知見を、HAPSモバイルとのパートナーシップに生かしていきます。

レンドリースの日本マネジング・ダイレクター 兼 アジア・テレコム&データ・インフラストラクチャーのヘッドであるアンドリュー・ガウチは、次のように述べています。
「レンドリースとソフトバンクは、日本において2002年から長きにわたる関係を築いてきました。以来、われわれは日本の地域にネットワークを提供することに貢献してきました。HAPSの技術は、人と人をつなぐだけではなく、産業用IoTの分野など、どこでもあらゆるものがつながることを可能にし、オーストラリアを真につなぐ可能性を秘めています。ソフトバンクの子会社であるHAPSモバイルと協業し、新たな機会の創出を目指すことをうれしく思います」

ソフトバンクの代表取締役 社長執行役員 兼 CEOで、HAPSモバイルの代表取締役社長 兼 CEOの宮川 潤一(みやかわ・じゅんいち)は、次のように述べています。
「このたび、オーストラリア市場における実績と深い知見を持つレンドリースと協業できることをうれしく思います。オーストラリアは広大な国土を持つことから、モバイルネットワークのエリアが十分に整っていない現状があります。われわれはHAPSを活用することで、人口が少ない地域にもインターネットを提供できるようになる他、産業用IoTや緊急時のコミュニケーションなど、さまざまな分野における利便性を高めていけると考えています。今後レンドリースと共に、オーストラリア市場におけるHAPSの可能性について検討することを楽しみにしています」

左:宮川 潤一(ソフトバンク 代表取締役 社長執行役員 兼 CEO/HAPSモバイル 代表取締役社長 兼 CEO)
右:アンドリュー・ガウチ(レンドリース 日本マネジング・ダイレクター 兼 アジア・テレコム&データ・インフラストラクチャー ヘッド)
(ソフトバンクの本社において、サイニングセレモニーを実施)

HAPSモバイルについて

HAPSモバイル株式会社は、世界の情報格差をなくすことを目指し、HAPS事業を企画・運営しています。主にHAPS事業に向けたネットワーク機器の研究開発や、コアネットワークの構築、新規ビジネスの企画、周波数利用に向けた活動などを行っています。2020年には、HAPSモバイルが独自に開発した無人航空機「Sunglider(サングライダー)」の5度目のテストフライトで、成層圏飛行からのLTE通信に成功しました。詳細はウェブサイトをご覧ください。

レンドリースについて

レンドリースは、国際的な不動産グループです。街づくりや結びつきの強い地域社会を創造するエキスパートです。当社のパーパス(存在意義)は、「未来のために、持続可能な価値を生む場所を創造します」です。オーストラリア・シドニーに本社を置き、オーストラリア証券取引所に上場しています。オーストラリア、アジア、ヨーロッパ、アメリカに拠点を置き、世界で約8,000人の社員を擁する企業です。
当社の強みは、不動産開発、投資そして建設の事業セグメントに表れています。詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • HAPSモバイルおよびSungliderの名称は、HAPSモバイル株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。