プレスリリース

Press Release
2020年2月6日
Loon LLC
HAPSモバイル株式会社

Alphabetの子会社「Loon」とソフトバンクの子会社「HAPSモバイル」、「HAWK30」用のペイロードを共同で開発
2019年4月に発表した両社の戦略的関係構築の一環として

米Alphabet Inc.の子会社であるLoon LLC(ルーン、以下「Loon」)と、ソフトバンク株式会社の子会社であるHAPSモバイル株式会社(以下「HAPSモバイル」)は、ソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「HAWK30(ホークサーティー)」用のペイロードを共同で開発しました。

[注]
  • 高高度飛行体に搭載する通信機器を指します。

HAWK30で使用するペイロードのデザインおよび開発は、世界中のより多くの人々や場所、モノにインターネット通信を届けることを目指して、両社が2019年4月に発表した長期的な戦略的関係構築の一環として実施したものです。

Alphabetの子会社「Loon」とソフトバンクの子会社「HAPSモバイル」、「HAWK30」用のペイロードを共同で開発_01
Alphabetの子会社「Loon」とソフトバンクの子会社「HAPSモバイル」、「HAWK30」用のペイロードを共同で開発_02

2019年4月の発表以降、Loonが運用する成層圏気球において既に活用されているペイロード技術をHAWK30に適用することを目指して、LoonおよびHAPSモバイルの技術チームが協力してきました。秒速約27メートルにもなる風速やマイナス90度にもなる気温など、成層圏の厳しい環境下で長時間飛行しても、安定して稼働するペイロードの開発実績を持つLoonのノウハウが大いに生かされました。2011年に初めて成層圏で活用するペイロードを開発したLoonは、4,000万キロメートル以上の飛行実績や、世界中で30万ものユーザーをインターネットに接続した実績があります。

今回共同で開発したペイロードは、さまざまなコンポーネントで構成されており、成層圏に浮かぶ基地局の役割を果たします。ミリ波の通信システムによって、機体と地上の通信接続ポイント間のバックホール回線を提供する他、成層圏で飛行する複数の機体間の通信を実現します。ペイロードに搭載されている高精度アンテナにより、最大700キロメートルの距離のP2P(ポイント・ツー・ポイント)通信において、最大1Gbpsのデータ通信速度が可能になります。また、通信を維持するために、機体の動きに合わせてペイロードのアンテナが自動追従するように設計されています。これらの技術は、Loonの成層圏気球で既に活用されており、地上の通信接続ポイントや、隣接する機体間の安定した通信接続が実証されています。直近で行われたLoonの実証実験では、4,000キロメートルの範囲にわたって浮遊する20機の成層圏気球の接続に成功しています。

時速約100キロメートルで飛行するHAWK30に搭載することを想定し、Loonの技術チームは速い飛行速度で移動を続ける機体間でも安定して通信ができるように開発しました。また、速い飛行速度であっても機体と地上の通信接続ポイントとの接続が切れないように、ペイロードのアンテナが自動追従するようにソフトウエアを改良しています。その他、速い飛行速度によって発生する強い風圧からアンテナを保護するカバーも開発しました。HAPSモバイルは、Loonに対して、今回のペイロードの開発に当たり、HAWK30の飛行要件定義や通信技術要件などの提供を行っています。

また、このペイロードは、3GPP準拠のさまざまな周波数帯に対応するように設計されたLTE通信システムを備えています。これにより、HAWK30は地上にあるスマートフォンなどの携帯端末に直接LTEの通信ネットワークを提供することができます。このペイロードとミリ波の通信システムを組み合わせることで、通信ネットワークが整っていない場所や地域にいるスマートフォンの利用者に対して、安定したインターネット接続環境を構築することができます。

Loon LLCのCEOであるAlastair Westgarth(アラステア・ウェストガース)は、次のように述べています。

「今回のペイロードの共同開発は、HAPSモバイルとの戦略的関係において、とても大きな一歩です。インターネット通信の拡大という観点では、成層圏はチャンスの宝庫です。Loonは、これまで培ってきた成層圏における経験や技術を、地上と機体間の接続に活用しようと努力を重ねています。HAPSモバイルは、同じ熱意を持つパートナーです。これからもこの新しい領域において協力し、世界中の多くの人々や場所、モノにインターネット通信を届けることを目指していきます」

ソフトバンク株式会社の代表取締役 副社長執行役員 兼 CTOで、HAPSモバイル株式会社の代表取締役社長 兼 CEOの宮川 潤一は、次のように述べています。

「戦略的関係にあるLoonと共に、大きな成果を生み出せたことを大変うれしく思います。今回のペイロードの共同開発により、HAWK30の通信システム性能が飛躍的に向上し、HAPSモバイルのHAPS事業の実用化に向けての大きな一歩となりました。今後もHAPSの技術開発においてLoonと引き続き密に協力し、革新的なグローバルモバイルネットワークの構築を目指していきます」

Loonについて

Loonのミッションは、大胆な技術を発明し、統合することで、世界中の人々をつなぐことです。 これらの高度な技術を活用することで、Loonは現在インターネットにアクセスできない数十億人にインターネットを拡大することを可能にします。Loonは、幅広いパートナーと協力して既存のネットワークを拡張・補完し、未来のコネクティビティーへのニーズを満たす新しいソリューションを実現します。Loonの成層圏気球は世界で3,000万キロメートル以上の飛行実績と、数十万ユーザーへの接続実績があります。Loonは、Googleの親会社であるAlphabetの子会社です。詳細はホームページ(www.loon.com)をご覧ください。

  • SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。